水野 綾香

社員インタビュー

05

水野 綾香

マーケティング本部
マーケティング部
チーフ

顧客接点を創出することで、サービスの価値を最大化する仕事

―現在取り組んでいらっしゃる仕事内容についてお聞かせください。

私が所属するマーケティング部は、業務提携先と折衝をしながら、コンサルタントが訪問するアポイントを確保することを主なミッションとしています。そのために、新規提携企業の発掘、および既提携企業のリテンションを行うBtoB営業が日常業務の中心ですね。私たちのビジネスにおいて顧客接点をいかに形成するかということは最重要課題ですので、十分な訪問件数を確保することはもちろん、しっかりとターゲットに合ったお客様かといったアポイントの品質という質・量の両側面で設定した各種指標を追いながら、日々提携先企業と社内の調整にあたっています。

その他、最近は主に女性のお客様へ向けたマネーセミナーの企画・運営を行い、講師としても登壇するなど自分自身が直接お客様の前に出てメッセージする機会も増えてきていますね。このように、より良い顧客接点を創出することで、会社として提供するサービスの価値を最大化することが私の仕事です。
顧客接点を創出すること

自ら創意工夫をし、責任を持って挑戦できる環境

―ブロードマインドの組織風土について、どのような点が魅力だと思いますか?

「もっとこうした方がいいのに」「こうすればもっとよくなるのでは」など自分が挑戦したいと思い切って手を挙げたときに、周囲がしっかりと耳を傾けてくれ、実現性が伴っていれば思い切って任せてくれるところですね。これは様々な場面で見られることで、各部署の業務範囲も広めに設け、日常業務においても個人の裁量が大きくなっています。

一例として、先日コーポレートサイトをリニューアルする話が持ち上がった際にも、通常のマーケティング部の業務範囲からは少し外れていましたが、当社のようなビジネスの場合コーポレートページがどのようなものであるかは顧客接点上も非常に大事となるためマーケティング部で対応することが望ましいのではないかと考え提案したところ、広報という形で兼務することになりました。

もちろん、自分としても少し背伸びをした仕事ですので簡単にはできないことも多いと思いますが、任せたら丸投げにするのではなく、こちらから求めれば部署や役職に関わらずサポートし合えることもブロードマインドらしさだと思います。

経営陣も含め社員全員が周囲の人のために手を止めて協力することを厭わず、自分ではできないことや分からないことがあって助けを求めると必ず親身に答えるなど、互いに挑戦を応援し合える環境があります。

与えられた仕事を与えられたやり方でやっているだけでは、どんどんやらされ仕事になってなってしまい仕事が面白くなくなってしまいますが、自ら創意工夫をしながら挑戦をすることで成長の機会を掴めることは魅力的だと思いますね。
日々自分が成長している実感

女性管理職となり、社内のロールモデルとなりたい

―今後の目標はどのようなことですか?

世の中的にも多様性の活用が叫ばれて久しいですが、ブロードマインドは男女比が男性の方が多いこともあり、残念ながら現在のところまだ女性の管理職がいません。

しかし、この先も環境の変化に対応し成長を続けていく中で、先々を見通すとブロードマインドにも多様なリーダーが必要となってくると思います。だからこそ、現在新卒で入社する社員の増加と共に女性社員も増えてきている中で、私自身も女性管理職となり今以上に仕事の幅を拡げていきたいですね。

もともとブロードマインドは性別に関係なく能力でフェアに評価を得られる環境ですし、望めば成長の機会も自ら創り出せますので、今以上に広い視野で成果にコミットして仕事に臨んでいくことで責任あるポジションを任せていただけるよう日々精進しています。

そして私が社内における1つのロールモデルとなることで、他の女性社員からも「あの人のようになりたい」と思ってもらえるような存在を目指しています。

現在の私の上司のように、どれだけ自分が忙しくとも、立場が上になろうとも常に謙虚に、周囲に対する感謝を忘れず地道な努力ができる、人間性の面でも優れたリーダーとなっていきたいですね。
>女性管理職となり

社員インタビュー

プロフェッショナルが有機的に繋がり合う
組織を目指すブロードマインド。

そこで働く社員は、
仕事や組織にどのようなことを感じ、
どのような想いを持ち仕事をしているのか?

コンサルタントと、
それを支える部署で仕事をする社員の
インタビューをご紹介します。

page top