五十嵐 博士

社員インタビュー

03

五十嵐 博士

ファイナンシャルコンサルティング本部
本社営業部
マネジャー
2009年中途入社

既成概念に囚わず、常に一歩先の展開を考える姿勢に共感した。

―五十嵐さんは中途で入社されていますが、当社へ決めた理由はなんですか?

私は新卒で地方銀行へ入行、その後英会話スクールにて海外事業部の責任者として働いた後に、ブロードマインドへ入社しました。私が入社した2009年当時は規制緩和の流れがようやく本格化し銀行窓販などが定着し出した頃で、金融商品の流通市場はまだまだ黎明期だったと思います。そんな中でも既に単なる保険代理店ではなく、既成概念に囚われない幅広い金融サービスを追及し、中長期的な展望として海外展開の可能性を模索するなど常に一歩先の展開を考える姿勢に共感したことが大きいです。伊藤社長や実際に働く社員の方の話を聞く中で、全員が本気で実現したいと考えていることを感じ、自分もその一員になりたいと入社を決めました。

良いアイデアはすぐに実行に移せる自由闊達な組織。

―これまで複数の企業で働いた経験を踏まえ、
どのような点がブロードマインドの魅力だと思われますか?

ブロードマインドという社名を日本語にすると自由闊達という意味になりますが、まさにその名前の通りの組織だと思います。社内の関係性は非常にフラットで、有効性・実現性のある良いアイデアがあれば、社歴や役職など誰が言ったかは関係なく即共有し、即実行に移せる点は私たちらしさですね。私が以前にいた組織では、もっとこうした方がお客様や組織にとっていいと思ったことを口にすると、「君はまだ○年目なんだからそんなことは考えなくてもいい」といったことを言われるなど、現状を維持する意識が強く、"何を言ったか"よりも"誰が言ったか"で判断されることが日常的でした。

ブロードマインドではそのようなことはなく、むしろ「もっとこうした方がいいのに」と思ったことがあるのにそれを提案しないことの方が指摘されます。日常の仕事の進め方についても裁量が与えられることが多いため、「自ら考え、自ら判断する」機会があることで成長スピードも速くなりますね。現在は部下を持つ立場として、今後引き続き組織が拡大していく中でも、このような私らしさを失わないようにしていきたいと思っています。
良いアイデアはすぐに実行に移せる

規模が拡大する中でも、もっと連携の取れた強固な組織にしたい。

―現在のブロードマインドの課題はどのような点だと思いますか?

ここ数年、新卒の社員も多く入社し組織が拡大を続けている中、質と量の両立を図ることが難しいと感じています。ブロードマインドの強みはお客様に価値を提供するプロセスを機能ごと各部署に分け、会社という1つのチームとしてプロフェッショナル同士が連携することにありますが、人数が増えてくるとどうしても各部署間の協働が希薄になりがちです。

例えば営業部門であれば支社間において知見・ノウハウの即時共有を行うことや、部署を超えて同一役職者同士で情報共有など、もっと積極的に互いに連携し合う機会が設けられれば、よりよい仕事ができるのではないかと思っています。これからも成長を続けていく中でブロードマインドの良さを失わず顧客価値を高め続けるためにも、テクノロジーの活用や意識的に互いに顔を合わせる機会を設けるなど、相互理解を深めより強固な組織力を醸成していくことを考えています。

組織を変革するリーダーとなり、新規事業の立ち上げに挑戦したい。

―今後の目標はどのようなことですか?

現在はマネジャーとしてチーム目標のマネジメントや部下の成長のサポートを行っていますが、チームを率いて経営上に大きなインパクトに与える課題解決に取り組むことで、組織の成長を加速させていきたいですね。そのために自らが率先して施策を立案し、着実に実行できるような先導力のあるリーダーとなることを目指しています。

そしてその先には、入社当時から実現させたいと画策している海外展開など、新事業立ち上げにも挑戦していきたいと考えています。そのように新たな仕事も創出していくことで、現在1年目、2年目の新卒社員からも早期に次のマネジャー候補が生まれてくるような、若手に活気と勢いのある組織風土を一層強化していきたいですね。
>いかにメンバーに熱量を伝えられるか。

社員インタビュー

プロフェッショナルが有機的に繋がり合う
組織を目指すブロードマインド。

そこで働く社員は、
仕事や組織にどのようなことを感じ、
どのような想いを持ち仕事をしているのか?

コンサルタントと、
それを支える部署で仕事をする社員の
インタビューをご紹介します。

page top