小林 充弥

社員インタビュー

02

小林 充弥

ファイナンシャルコンサルティング本部
本社営業部
サブ・マネジャー
2012年新卒入社

自分が最も成長できる環境を探していた。

―小林さんは新卒で入社されていますが、弊社へ決めた理由はなんですか?

就職活動していたときには、自分が最も成長できると感じられる環境を探していました。大学で経営学を専攻していたことから金融業界の会社に興味を持ち、そのうちいくつかの企業から内定を頂いていましたが、業界の枠にとらわれず挑戦を続けているブロードマインドであれば、圧倒的に幅の広い金融知識が身に付くなど、大きく成長できるのではないかと考え入社を決意しました。

自分の存在によって相手の人生を変える仕事。

―これまでの仕事の中で特に印象に残っているのはどのようなお客様ですか?

そのお客様は「子供が生まれたため、今後の教育資金などをどのように構築していきたいか相談したい」という要望をいただき訪問させていただきました。

初めてお会いしたときには非常にこちらを警戒されていらっしゃり、ご家族に関する情報などほとんど開示して頂けず、一般論として必要になる教育資金の金額やその構築方法などをお伝えすることしかできませんでした。

その後何度かお会いし、教育資金に関する税務や社会保障のお話などにも触れ行く中で徐々に信頼をしていただき、少しずつご収入や資産状況など具体的な情報を開示して頂けるようになっていました。そして、将来の資金をシミュレーションしていく中で分かってきたことは、今後の教育資金の増加に伴い資金繰りが厳しくなるが、家計にあまり余裕が無いため必要な資金を貯蓄することはできず、このままではご夫婦の希望する教育プランは実現が難しいことが分かりました。その結果を知り落胆されるご夫婦に、「まずはお金の使い方から見直していきませんか?」と提案し、ご夫婦は「少し考えさせてください。」と仰られました。

それから1ヵ月後、奥様からお電話がありました。「家計簿を見直して、無駄遣いしているところを改めました。無理の無い範囲ですが、私も仕事を再開することにしました。家計の改善ができたので、必要な金融商品のプランニングを行ってもらえませんか?」後日再びご自宅へお伺いをし、プランニングを実施。ご提案させていただいた内容にてご契約をいただくこととなりました。

契約を頂いた現在も、しばしばお金に関してご相談の連絡を頂いており、初めてお会いした頃からは想像もできない信頼関係だと思います。こちらの想いを認めていただき、相手の人生を変えられたときに「この仕事をしていてよかった」と思いますね。
相手の人生を変える仕事

"日々自分が成長している実感"と
"立場の異なる顧客との関係構築"が最大の魅力。

―この仕事のどういったところに魅力を感じていますか?

私たちの仕事は、非常に多くのお客様とお会いするため、年代や家族構成、経済状況など、置かれている状況も様々な方々からお話を伺います。思い返してみると、入社して間もない頃はお客様からの質問に答えられないことも多く、宿題として持ち帰るといったことも多くありました。それでもお客様が真剣に話を聞いてくれたのは、とにかく伝えたいという一生懸命さがあったからでしょう。今思うと頼られているというよりかは、かわいがられていたという感覚です。

その後お客様の様々な要望に応えるために未知の分野についても徹底的に調べることで知識や経験が蓄積され、最近はセミナー講師も務めるなど自分にできることも増えてきました。

その結果、ご契約をいただいた後にもご連絡をいただいたり、大切な方をご紹介いただいたりすることも増えてきており、お客様の信頼に足る人間となってきていると成長を実感できることが私にとっての何よりの魅力ですね。

また、お会いするお客様は人生の先輩となる年上の方ばかりですので、そのように自分が成長した結果、普段であれば出会うことができないような方からも認めていただけ、関係性を構築していけることも魅力ではないでしょうか。
日々自分が成長している実感

いかにメンバーに熱量を伝えられるか。
プレーヤーとしてもマネジャーとしても一流を目指す。

―小林さんは現在何人かのメンバーの育成を担っていますが、
サブ・マネジャーとして仕事をする上で意識をしていること、
今後の目標はどのようなことですか?

自分自身が蓄積してきた経験や知識を伝えメンバーの成長を加速させて行く中で、単なる情報としてだけでなく、いかに仕事のやりがいや楽しみなどの熱量も含めて伝達するかを意識しています。同じことを言ってもそれをどう感じるかはメンバーによって様々なため、どのように伝えれば実感を伴って受け取ってもらえるか、メンバーに合わせて試行錯誤しています。より多くのことを彼らに伝えられるよう、引き続き自分自身も多くのことを経験し成長していきます。

また、メンバーのマネジメントと併せて、プレーヤーとしても更なる成長をすることが今後の目標ですね。具体的には、法人顧客に対するプランニングをできるようにすることです。これまで個人顧客についてはかなり多くのことを経験し、様々な状況・立場・ニーズのお客様に対応できるようになりましたが、法人顧客については個人顧客とは全く異なる知識や経験が必要となるため、未だ未だ力不足であると感じています。先輩や上司に教えも乞いながら1日も早く経営者とも対等に話せるようになり、自分なりの手法を確立したいと考えています。法人顧客も含めたあらゆるお客様に対応できるようになり、プレーヤーとしてもマネジャーとしても一流になっていきたいですね。
>いかにメンバーに熱量を伝えられるか。

社員インタビュー

プロフェッショナルが有機的に繋がり合う
組織を目指すブロードマインド。

そこで働く社員は、
仕事や組織にどのようなことを感じ、
どのような想いを持ち仕事をしているのか?

コンサルタントと、
それを支える部署で仕事をする社員の
インタビューをご紹介します。

page top