山岡 翼

社員インタビュー

01

山岡 翼

ファイナンシャルコンサルティング本部
本社営業部
2015年新卒入社

独自のビジネスモデルの魅力と、
徹底して顧客価値を追求する想いを感じた。

―山岡さんは新卒でブロードマインドへ入社されていますが、
入社を決めた理由はなんですか?

私が就職活動をしていた当初、企業や仕事を選ぶ際に両極端な2つの視点を持っていました。

1つ目は、大手企業でしかできない規模の大きなビジネスに携わり、世界を舞台に仕事がしたいということ。2つ目は、成長過程にある会社で、自分の力を最大限発揮できるような環境で仕事がしたいということ。

大規模な仕事の小さな歯車として働き時間をかけて大きくなるか、小規模でも大きな歯車として会社と一緒に早回しで大きくなるか、どちらが自分の望む人生なのかということを考えながら、総合商社や石油開発企業といった規模の大きさを追求できる超大手企業と、ベンチャー・成長企業を受験していました。正直世界を舞台に活躍している自分の姿を想像し憧れたこともありますが、「自分の人生をどう生きたいのだろう」と考え抜いた結果、今のように変化の激しい時代、一度きりの人生だから若いうちから多くの挑戦をできる環境で働きたいという結論になり、ベンチャー・成長企業で働くことを選びました。

それから、多くのベンチャー・成長企業を見てきましたが、多くの会社のビジネスモデルは競合他社も多く真似されやすいものであったり、単なる根性論が散見されたり、中には「社長のための会社」になっていると感じる会社も多くあったり、魅力的に感じる会社はなかなか現れませんでした。

そんな中で出会ったのがブロードマインドです。説明会で話を聞き、お客様に対して提供している価値について共感し「この会社は他とは違うかもしれない」と興味を持ちました。更に詳しく聞いていくと、安定して収益を伸ばしてきた実績と簡単に再現することが難しい独創的なビジネスモデルであることを知り、この会社は面白いと興味が深まりました。

そして最後に決め手となったのは、最終面接で社長である伊藤と直接話をしたことでした。私の「今後どのような会社にしていきたいと考えているのか?」という質問に対し、お客様に本当に価値あるサービスを提供したい、お客様の人生を少しでも良くしたい、それが創業から変わらない信念だと熱く語る言葉に、独創的な仕組みがあるだけでなくそれが徹底して顧客を向いた強い想いによって裏付けられていることを感じ、この人に付いていきたいと入社を決めました。
独自のビジネスモデルの魅力

徹底した顧客志向が文化として根付いていることこそが、
ブロードマインド真の強み

―実際にブロードマインドへ入社し、働いてみてどのように感じていますか?

私が最終的に入社を決めることになった、「とにかくお客様の人生を今より少しでも良くする」という創業の原点でありブロードマインドの存在意義を、社員全員が共有し、文化として根付いていることを感じています。社内で自然に交わされる会話や私たちが上司・先輩からもらうアドバイスの中などでそのことを感じますね。

例えば、1人でお客様のところに訪問し始めたばかりの頃に上司へお客様にお持ちする提案内容について相談を持ちかけたときのことは非常に印象的です。当時、今よりももっと知識や経験も少ない中、なんとか自分なりに提案内容を考え上司のところへ行きました。

ひとしきり内容を説明し終えた私に対して上司は一言。「それは本当にお客様にとって必要なものなのか?」そう問われ、「自信を持ってそう言い切れるだろうか」と自問しました。今思えば、私も1年目の社会人として早く一人前になりたいと、何とか自分の営業成績を上げたいという気持ちを抑えられていなかったことも事実です。

続けて「もちろん売上は大事。それはお客様へ貢献した証だから。でも、自分の都合だけでいただいた売上は我々の仕事の本質ではない。」と言われました。更には「単なる"営業マン"に成り下がるな」とも。

私たちの仕事は、ただ売上を上げればいいわけではない。自分本位の感情と向き合い、それに打ち克ってベストな提案を行うからこそ、お客様の心を動かすことができるのだと、このときの上司の言葉から自分の仕事としてやるべきことに改めて気付かされました。

そしてこの先自分が後輩を指導する立場になったときには、同じことを伝えていくでしょう。このように、上司から部下、先輩から後輩へ想いを伝達してくからこそ、徹底した顧客志向がブロードマインドの文化として根付いているのだと思います。文化というものは一朝一夕に築くことは難しいものだからこそ、それがブロードマインド真の強みであることを実感しています。
徹底した顧客志向が文化

育成に手をかけることを厭わず、
互いに切磋琢磨し合うフラットな組織

―ブロードマインドのどのようなところが魅力だと思いますか?

ブロードマインドで働いてみて一番驚いたことは、上司・部下や先輩・後輩の距離が思っていた以上に近く、仕事を教えたり、相談に乗ったりと育成に手をかけることを全く厭わないことですね。互いに切磋琢磨し合うフラットな組織だということは言葉では聞いていましたが、まさかここまでとは思いませんでした。

私も1年目の社員としてまだまだ分からないことだらけですし、毎日のように上司や先輩に教えていただくことばかりですが、どの人も質問をしたらいつでも自分の仕事の手を止めてこちらに向き合っていただけるのが本当に心強いです。本当に忙しくで対応できないときには、逆に「○分後でもいいかな?すぐに応えられなくてごめんね」と謝られてしまうくらいです。

これは役員との間でもそうで、社長の伊藤を含め役員の方々との距離も非常に近く、いつでも社長室のドアをノックして、直接仕事のことやお客様にお持ちする提案内容について相談しています。

このように、周囲に対する関心が強い人が多く、個人だけでなく会社として顧客価値を高めようということを皆が自然と考え行動する文化が醸成されていることもブロードマインドの強さだと思いますし、このような環境は他の会社ではなかなかないのではないでしょうか。

今は未だ周りの手を止めて教えていただくことの方が圧倒的に多いですが、早く自分も一人前になって同じように部下や後輩に教えられるようになりたいですね。
育成に手をかけることを厭わず

一度きりの人生を最大限楽しむために、
自分の人生を自分で切り拓いていくことができる人になりたい

―今後の目標はどのようなことですか?

今は未だ入社一年目ということで、出来ない事、分からない事だらけ、1つ出来るようになればまた1つ出来ない事が出てくるような状況の中、日々新たなことを勉強しながら成長しています。最初の頃はお客様との距離感を取るのもぎこちなく、信頼関係を構築することの難しさに打ちひしがれていましたが、ようやく最近はお客様から食事に誘っていただくことも増えてくるなど、少しずつお客様の信頼を得る事ができるようになってきたことを感じています。

この仕事の面白いところは、ブロードマインドで仕事をしていなければ出会えなかった様々な立場のお客様と接し、人生という壮大なテーマについて語り合えること。その方がこれまでに歩んできた人生、現在、そして未来の話をお客様と共有する中で、自分が考えた事もない新しい価値観や考え方に触れ、それによって自分の考え方の幅が広がり、人間的に大きくなることを実感しています。

だからこそ、このような成長を重ねていくことによって、将来的には自分の人間性や知識など自身の力で仕事を創れる人になっていくことを目指しています。そのような人材こそが、これからの変化が加速する時代においても、組織からもお客様からも必要とされる存在となれるのではないでしょうか。

私は決められた道を誰かに与えてもらう環境ではなく、成長企業で働き自ら道を拓くという選択をしました。一度きりの人生を最大限楽しむために、何かに縛られて生きることなく、自分の人生を自分で切り拓いていくことができる人になれるよう、日々を全力で生き、全力で働いていきます。

社員インタビュー

プロフェッショナルが有機的に繋がり合う
組織を目指すブロードマインド。

そこで働く社員は、
仕事や組織にどのようなことを感じ、
どのような想いを持ち仕事をしているのか?

コンサルタントと、
それを支える部署で仕事をする社員の
インタビューをご紹介します。

page top