中​嶋​ ​郁​佳

社員インタビュー

01

中​嶋​ ​郁​佳

ファイナンシャルコンサルティング本部
コンシェルジュ事業部
2017年新卒入社

決め手は徹底的にお客様の人生に寄り添える仕事、
そして社員が持つ仕事に対する誇り。

―中嶋さんは新卒でブロードマインドへ入社されていますが、
入社を決めた理由はなんですか?

就職活動をしていた頃は、自分がやりたい仕事や働きたい業界が明確にあるようなタイプの学生ではありませんでした。
かといって、とにかく大手企業や有名企業で働きたいというタイプでもなく、様々な業界・企業の選考を受けてみることで、どのような企業・仕事であれば自分の能力や興味を活かせるのか、ということについて理解を深めていきました。

ときどき、学生さんから金融業界に興味があったんですか?と聞かれることもありますが、実際には金融業界は融通が利かず固そうという苦手意識もあり、ほとんど視野に入れておらず、その中で唯一選考を受けていたのがブロードマインドでした。
インターンシップに参加し、仕事内容や企業理念に興味を持ったことがきっかけです。

最終的に入社を決めた理由は2つあります。
1つは、ブロードマインドであれば、最もお客様の人生に寄り添う仕事ができると思ったこと。

私にとって仕事を選ぶ上で大切なことは、周囲に自信をもって伝えられる仕事かということと、自分と関わった方を幸せにできるかということです。 ブロードマインドの金融商品の販売ありきではなく、お客様の人生に寄り添い、ライフプランの実現をサポートする姿勢に惹かれました。世の中に金融商品を扱う会社は数多くありますが、これほどお客様の人生を真剣に考え、豊かな人生の実現へ向けた一歩を踏み出すお手伝いができるのはブロードマインドだけだと自信を持って言えます。

もう1つは、就職活動中に会った社員の方と一緒に働きたいと思ったこと。選考を通じてたくさんの社員の方に会う機会を得ましたが、どの方も私の話にしっかりと時間をかけて耳を傾け、一人の人間として真剣に向き合ってくれていました。

その様子を通して、日頃お客様や社内の人と接するときにも同じような姿勢であること、本当に自分の仕事に誇りを持っていることを感じ、私も同じように活き活きと働き、成長していきたいと思いました。そして、この会社であれば自分の納得できる仕事ができると思い、入社を決めました。
独自のビジネスモデルの魅力

お客様の人生にコミットする姿勢が、
自然と全社に通底している

―実際にブロードマインドへ入社し、働いてみてどのように感じていますか?

入社前に感じていた魅力は、入社後に実際に働いてみても全く変わりませんでした。
毎日様々なお客様と会いし、「中嶋さんの話を聞いてよかった。こんな役に立つ話を聞けると思わなかった。」と仰っていただけたときには何よりも嬉しいですね。本当にイメージしていた通りでした。

また、ブロードマインドはお客様の数が多いため、新人であっても早い時期から実際にお客様を担当する機会がありますが、独り立ちした後も任せきりにせず上司や先輩たちがしっかりとフォローします。初めて1人でお客様のところへ訪問した際にも、事前に上司と入念な打ち合わせを行い、自分だけでは考えが至らないところまで十分に考え抜いた上で面談に至ったので、不思議と不安はありませんでした。

何か分からないことがあればいつでも先輩や上司に教えを請える環境はブロードマインドならではの良さだと思いますが、その中で「それは表面的な要望で、お客様が本当に悩んでいることは別にあるのではないか」という指摘をこれまでに何度も受けました。 お客様自身も気づいていない課題を顕在化することが私たちの仕事であり、それができなければ本当にお客様へ貢献することはできない。 私はお客様からヒアリングした要望に対して言葉通りに受け取っており、本当のお客様の課題に気付けていなかったと、自分の視野が狭さに気付かされます。

それが本当にお客様の課題なのか?何度も問われることからも、お客様のライフプランの実現に徹底的にこだわる姿勢が全社に通底していることを感じますね。

もちろん、お客様一人ひとり、性格も環境も経済状況も異なるので、毎回が真剣勝負の大変さはありますが、これだけ多くの方の人生に寄り添うことができる仕事は他にはないと思いますし、お客様の本当の課題をしっかりと解決することで感謝していただけることは、この仕事の最大のやりがいであり楽しさであると思います。
徹底した顧客志向が文化

誰もが周囲の成長をサポートすることを厭わず、
お互いに切磋琢磨し合うフラットな組織

―ブロードマインドのどのようなところが魅力だと思いますか?

部署や年齢、役職などに関係なくコミュニケーションが活発で、周囲の成長をサポートすることを厭わないところが最大の魅力だと思います。

オフィスも部署ごとの仕切りもないワンフロアのため、必要があれば気軽に声をかけることができます。それによって自然と互いのコミュニケーションも生まれ、ちょっとした会話からお客様の課題に対して議論をしている姿もよく見る光景です。日常のコミュニケーションの中で、先輩の仕事ぶりを垣間見ることができることもいい刺激になりますね。

私が初めてお客様を訪問したときにも、同じ部署の方はもちろん他部署の方や役員の方までみんなが声をかけてくれ、自然と多くの人に見守られていることを実感しました。

まだ1年目ということで分からないことも多く、毎日のように上司や先輩に教えていただくことばかりですが、どの人も質問をしたらいつでも自分の仕事の手を止めてこちらに向き合っていただけるのが本当に心強いです。社長の伊藤を含め役員の方々でも同様で、いつでも社長室のドアをノックして、直接仕事のことやお客様にお持ちする提案内容について相談することができます。

このように、全員が周囲の成長を考え互いにサポートし合えることがブロードマインドらしさであり、このような環境は他の会社ではなかなかないのではないでしょうか。

今はまだ一方的にサポートを受けるばかりですが、早く成長して自分も与えられる立場から与える立場になりたいと思っています。
育成に手をかけることを厭わず

女性コンサルタントならではの仕事のスタイルを確立したい

―今後の目標はどのようなことですか?

現在は、来年のコンサルタントとしての独り立ちへ向け、様々なお客様の初回面談のみを行うコンシェルジュスタッフとして経験を積んでいますが、まだまだ先輩たちと比べると知識もスキルも圧倒的に不足していることを実感しています。 とにかく急いで不足を補うために勉強を欠かさず、一日も早くどのようなお客様に対しても1人で対応し貢献できる、一人前のコンサルタントになることが当面の目標です。そして、その結果として出会った全てのお客様から私に人生を任せたいと思っていただけるような、信頼される人間になりたいです。

そのためには、十分な知識を身に付けることももちろんですが、この人に頼りたいと思っていただけるだけの人間的な魅力も必要だと思いますので、様々なお客様の話に謙虚に耳を傾け、生き方に触れ、自分自身の幅を拡げられるよう学び続けていきます。

そしてその先には、女性コンサルタントならではの仕事のスタイルを確立していきたいですね。ブロードマインドのコンサルタントはまだまだ男性が多い現状ですが、女性だからこそ有利にできる仕事の進め方もあると思います。それを私自身が試行錯誤を通じて確立し、これから入社をしてくる後輩や他のメンバーにも伝えていけるようになりたいと考えています。

ブロードマインドには評価も待遇も性別は全く関係なく、望めば女性であっても活躍できる環境があります。この環境を最大限活かし、まずは自分自身が成長し、いずれは全社の中心に立って周囲を巻き込んでいけるようになりたいですね。

育成に手をかけることを厭わず

社員インタビュー

プロフェッショナルが有機的に繋がり合う
組織を目指すブロードマインド。

そこで働く社員は、
仕事や組織にどのようなことを感じ、
どのような想いを持ち仕事をしているのか?

コンサルタントと、
それを支える部署で仕事をする社員の
インタビューをご紹介します。

page top