仕事を知る

育成体系

独自の育成体系で、
ビジネスパーソンとしても営業パーソンとしても一流へ育成

金融サービスという目に見えないものを提供する私たちの仕事は、社員1人ひとりが提供するサービスの質が全てと言っても過言ではありません。だからこそ、どのような育成を行うかは経営上においても最重要テーマの1つ。これまでに金融のプロフェッショナルとして培ってきた金融ビジネスの経験やノウハウを結集した独自の育成体系を構築し、毎年PDCAを回し続けています。金融や周辺分野に関する知識、顧客と信頼を築くためのスキルなどを徹底的に伝え、ビジネスパーソンとして、営業パーソンとして一流になるための密度の濃い育成機会を設けています。

ゼロから始める新入社員育成

私たちの仕事は、高い専門性が要求される仕事であるため、入社してすぐに現場に出ることはできません。そのため、プロフェッショナルとなるための最初の一歩である新入社員育成は、特にこだわって設計しています。入社後半年間を育成期間と位置づけ、金融商品の初歩や資金計画の考え方、社会保険や税務の仕組など、業務において必要となる基礎的な知識を習得するための座学研修や顧客と信頼関係を築くスキルを磨くためのロールプレイ、上司・先輩との現場同行とフィードバックなど、インプットとアウトプットを徹底して繰り返します。

教えることを厭わない徹底したOJT

私たちの育成体系においては、新たなことを学ぶインプットの機会も必要と考えていますが、学んだことを実際に現場で使うアウトプットの機会も同じくらい重要と考え、研修だけでなく現場におけるOJTを育成の主軸としています。そのため、先輩や上司が業務の中でもまとまった時間を取り、個々の状況に合わせて現場の一線で成果を生んでいる生きた知識やノウハウをできるようになるまで徹底して教えます。このように、部下や後輩、同僚のために時間をとり、自分の持っているものを教えることを厭わない文化が組織に定着していることが私たちの強みの1つです。

  • 専門資格取得支援制度
    専門資格取得支援制度

    顧客に対しより質の高いサービスを提供できるようになるため、ファイナンシャル・プランナーや証券外務員等、業務に関連度の高い資格の取得を必須としています。受験料やテキスト代などの受験に係る費用、合格後の年会費などについては会社にて負担します。

  • 年次・階層別研修
    年次・階層別研修

    プロフェッショナルとしての自律が期待される若手層、後輩指導の役割も担うことが期待されるようになる中堅層、チームや部門の管理と部下の育成を行い、組織を発展に導くことが期待されるマネジメント層など、組織において期待される役割に応じて、年次・階層別に新たな挑戦をサポートする研修の機会を設けています。

  • 勉強会などの実施
    勉強会などの実施

    顧客へ提供する情報は常に最新かつ最適でなければならないため、随時、最新情報、成功事例といった知識共有の機会を多く設けています。チーム毎で金融商品の勉強会を開催したり、案件について、社員同士はもちろんのこと役員陣にも直接相談し、アドバイスを受けられるなど、会社全体で一人ひとりの成長をサポートする環境があります。

page top